弁護士=裁判ではない


不倫トラブルに関する相談を法律事務所の弁護士に相談することは、イコール裁判での解決を目指すという一択しかないと思う人は珍しくありません。たしかに裁判は弁護士を介入させて不倫問題を解決する選択肢のひとつではありますが、すべてではありません。実際の不倫による慰謝料問題では、裁判を起こすことを第一選択とはせずに、はじめに弁護士が不倫をした側と交渉を行ない、トラブルを解決しようと働きかけてくれるケースが多いです。そして、そのまま裁判にいたることなく解決している事例が多いというのが現状です。

慰謝料裁判のような大ごとにせず解決が可能なだけでなく、慰謝料請求を含む不倫問題の解決を弁護士に依頼することにはさまざまな魅力があります。たとえば、専門家である弁護士による慰謝料に関する助言のほか、不倫をした側との交渉を代わりに行なってくれます。依頼人は不倫をした側と顔を合わせる必要がなく、依頼人にとって有利な形での早期解決へと導いてくれるのです。また、慰謝料トラブルの解決のために必要な書類の作成も代行してくれるため、依頼人にかかる心身の負担はとても軽いものとなるでしょう。

このように弁護士に依頼することには多くのメリットがありますが、気になるのはいくら請求できるのか、司法書士や行政書士のような別の士業の方に相談・依頼するのでは駄目なのかということでしょう。これらについては別のページに情報をまとめていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。