司法書士との違い


不倫トラブル解決のための相談先は弁護士以外に司法書士をあげることができます。ただ、弁護士と司法書士とでは、できることに違いがあります。司法書士は慰謝料問題についての書類を依頼人の代わりに作成することは可能ですが、あとのことは制限されているというのが現状です。

司法書士具体的には慰謝料問題についての法律相談のほか、慰謝料問題についての交渉代理人になることや、慰謝料問題についての調停・訴訟の代理人になることはできるケースとできないケースがあります。これらの業務は、法務大臣の認定を受けている司法書士で、請求する慰謝料の金額が140万円以下のケースでなければ認められていません。これに対して、弁護士はここであげた全ての業務をこなすことが可能です。

司法書士に不倫トラブル解決の相談・依頼を行なうことは条件付きで可能ですが、その条件を満たしていなければ弁護士に相談・依頼をし直さなければいけません。時間や手間だけでなく、お金も二重にかかってしまうこともあり得るでしょう。二度手間になるのを避けたいということであれば、はじめから弁護士に不倫問題に関する相談をし、解決に向けて正式に依頼をするのが賢明な判断といえるのではないでしょうか。